忍者ブログ

廃校フェスへの道

このblogは東京都内に多くある廃校になった学校の跡地を利用してロックフェスティバルをやりたい!という思いから始まり、2008/3/30(日)芸能花伝舎にて開催へとこぎつけた、汗と涙のストーリーをリアルタイムで記録していったブログです。フェス終了後、それまでに書ききれなかったことを後述しています。同じようなイベントをやりたい人は参考にしてください。
2018
10,20

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
08,19
破壊的に集中力がないので、長い文章を書くにはえらい時間がかかる質で、でも短くまとめようという気力もないので、こうやって細切れで書いていきます。

-----------------------------

というわけで、PA業者が決まって本番当日。ボランティアで機材セッティングスタッフを引き受けてくれたZAKくん&その彼女&その友達のお陰で、セット替えはスムーズに進む。

心配だった音響は思いの他良かった。ちょうど良い返りで迫力が出ていた。トップバッターのヤマタイコクを除いてはリハも出来ない中だったけど、申し分のない音作りが出来たと思う。さすが穴水さん。演奏する方はやりづらい状態だったかもしれなかったけど、聴く方にとっては良かったという感想をあちこちで聞いたので、最大限のことは出来たと思う。




-----------------------------
心配だった音漏れは、やっぱり、まあ、結構あったね(笑)。学校の外にも結構漏れてたし、50mぐらい離れたコンビニからでも聴こえてた。

俺はこんなもんじゃないの時に、花伝舎に近所の人から苦情の電話があったみたいで、開けっ放しにしていた体育館の扉を閉めるように言われる。仕方なく本番中はお客が出入りする時だけ開け閉めすることにしたんだけど、常に出入りがあるんで、ほとんど開けっ放しの状態で変わらなかった。

でも次の日に花伝舎に行って、その事について聞いたら、「何本か」電話はあったけど、それほど問題ではなかったようだ。後日、mixiでいろいろ検索かけてみたら、近所に住んでる人達のやり取りを見たけど、そこでも「ああ、あの音ってそのイベントだったんだ」というくらい、問題にはなってなかった模様。

音が原因で、金輪際お断りって事にはならなかったんで、まあ、よかったよかった、という事でしょう。ただ、もうちょっと落としても良かったかな?それは次の課題ということで。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

アクセス解析
プロフィール
HN:
竹内知司
HP:
性別:
男性
自己紹介:
この計画の発起人。blunstone inc.主宰。
最新CM
[11/23 uggs clearance]
[05/12 ポワトリ太郎]
[05/12 ポワトリ太郎]
[03/30 s]
[03/13 竹内]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]