忍者ブログ

廃校フェスへの道

このblogは東京都内に多くある廃校になった学校の跡地を利用してロックフェスティバルをやりたい!という思いから始まり、2008/3/30(日)芸能花伝舎にて開催へとこぎつけた、汗と涙のストーリーをリアルタイムで記録していったブログです。フェス終了後、それまでに書ききれなかったことを後述しています。同じようなイベントをやりたい人は参考にしてください。
2018
10,20

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
03,17
アポ取ったので、今度はかつしかシンフォニーヒルズへ行く。これで葛飾に行くのは3回目。

かつしかシンフォニーヒルズは、葛飾区役所近くのコンサートホールで、同時に葛飾区の文化事業を担っている民間の指定管理業者。話を聞いてくれた担当の人は物腰柔らかそうな人で、今まで会ってきた公務員の人とは違う雰囲気だ。



まずは企画書を出して説明すると、ちゃんと聞いてしっかりと企画書を読んでくれている。それだけでも今までとは違う。

担当の人は以前は20年ぐらいレコード会社に勤めていて、民族音楽のCDをたくさん出したり、アイドル歌手の売り出しに携わっていたという。その後、大手電機メーカーに20年いたのだけど、最後の7年はその電機メーカーのメセナ事業に携わっていたという。

なので、この企画の意図も理解してくれて、それが葛飾区にとって良いアピールの場になることも理解してくれた。

同時に、ご自身の経験から、お役所とくに学校となにかをやるのは、とても難しく根気のいる作業だという事を、とくとくと語ってくれた。電機メーカーのメセナ事業をやっていた時に、お金も会社側持ちで内容も全く問題なく現場の先生もノリノリなのに、役所のどこかの部署のよく判らない理由で断られたり、また進行途中で誰かが口を挟んできたり、担当が変わって方針も変わったりとかいろいろ大変だったとか。現在の、内容や効果よりも予算を使い切って数を多くこなす事だけしか考えないお役所体質の下で、面白いイベントを作り上げる苦労も語ってくれた。

まあそんなこんなで、企画書を受け取ってもらって、区の担当にかけあってもらえる事になった。ここまで来て、初めてまともに対応してもらえた。正直、望みは薄いと思うが、それだけでも嬉しかったよ。

帰り道はちょっとだけ充実感があったよ

-----------------
とりあえず葛飾区は返事待ちしてみます。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
幸運を祈る!
NONAME: 2007.03/22(Thu) 12:52 Edit
無題
ありがとーう!
たけうち: URL 2007.03/22(Thu) 14:52 Edit

trackback
この記事のトラックバックURL:

アクセス解析
プロフィール
HN:
竹内知司
HP:
性別:
男性
自己紹介:
この計画の発起人。blunstone inc.主宰。
最新CM
[11/23 uggs clearance]
[05/12 ポワトリ太郎]
[05/12 ポワトリ太郎]
[03/30 s]
[03/13 竹内]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]