忍者ブログ

廃校フェスへの道

このblogは東京都内に多くある廃校になった学校の跡地を利用してロックフェスティバルをやりたい!という思いから始まり、2008/3/30(日)芸能花伝舎にて開催へとこぎつけた、汗と涙のストーリーをリアルタイムで記録していったブログです。フェス終了後、それまでに書ききれなかったことを後述しています。同じようなイベントをやりたい人は参考にしてください。
2017
11,21

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007
12,13
気がつけば2週間近くblogを更新していない。書く事がなにもないんじゃなくて、書かなきゃいけない事がいっぱいあって、書いてない。委員会のMLも作り活発な意見交換をするようになる。なんか1年以上ほとんど一人でやってたような気がしたが、ようやくフェス作りをしている実感がわいてきた。

------------日記形式で-------------
<12/10>
芸能花伝舎に行って改めて話を聞く。
・使用料金は通常料金の2倍に収まった。
・校庭にネオ屋台を呼ぶことはOK
・クッキーとか焼いて持ち込んで売ったりする事は、保健所にて確認して欲しい。

料金2倍は助かった。ネオ屋台を呼ぶ事も出来るとフェスとしての雰囲気が増す。

<12/11>
下北沢440でヘンリーテニス奥村君と会う。奥村くんは廃校フェス開催決定知らずに3/30にイベントを組んでしまった。おいおい、そもそも廃校フェスは僕と奥村くんの会話から派生した話じゃないか。そのボケっぷりが奥村くんらしい。SiMoNは「あれ?廃校フェスって延期になったんじゃないんですか?」って誰が言った。とりあえず奥村くんから良い情報を聞いた。

<12/11>
フェスミーティング。
・ヘッドライナー招聘バンドを話し合う。いろんな名前が出たが、最終的に僕が好きな二つのバンドにまず声かけてみる事になる。一つはツテを頼って、もう一つは正面から正攻法で。
・会場内でのパスは、名前入れスリッパも候補にあったが、コストがかかり過ぎるということ、リストバンドに。リストバンドって名前を入れても安いね。
・イベントって気がつくと、どんどん経費が増えていってしまうものなので、ここで改めて出来るだけ経費を増やさない、で一致する。
・ゲストで入りたい人はスタッフとして参加してもらう、ってのは前回決めたが、出演バンドが多いとどうしてもゲスト枠みたいなのが必要になってくる。なので料金半額のディスカウントチケット制を取り入れる。

<12/12>
MLでのやりとり
・ロゴデザインを待っている訳にもいかないので、フライヤーは超簡素なものにする。
・まずは最初のバンドにメールでオファーを出してみた。いい返事が来るといいな。
 
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

アクセス解析
プロフィール
HN:
竹内知司
HP:
性別:
男性
自己紹介:
この計画の発起人。blunstone inc.主宰。
最新CM
[11/23 uggs clearance]
[05/12 ポワトリ太郎]
[05/12 ポワトリ太郎]
[03/30 s]
[03/13 竹内]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]